鳥海山2236m  

      秋田県由利本荘市    ROUTE 

      山形自動車道酒田みなとインターから国道7号線、県道58号線を通って祓川(矢島)登山口へ。 

      2010/7/7 曇り       MAP

      コースタイム 登り 登山口-(60分)-七ツ釜避難小屋-(90分)-大雪路最上部-(40分)-七高山山頂
                                                                合計 3時間10分
               下り 七高山山頂-(120分)-七ツ釜避難小屋-(50分)-登山口             合計 2時間50分  

          由利高原鉄道矢島駅前駐車場で車中泊して、鳥海山矢島(祓川)登山口に向かう。
          登山口に向かう途中、鳥海山が綺麗に見えたので車を止めて写真を写す。 
 
      5時過ぎに駐車場に到着。広い駐車場には1台だけ車が止まっていた。標高は約1200m。
      5時30分:出発。祓川ヒュッテノの横を通っていく。 
 
      すぐに湿原が現れ、前方には雄大な裾野を広げた鳥海山が横たわっている。
      湿原を過ぎるといきなり雪の壁が現れた。短いのでアイゼンを付けずに登っていく。 
   
      しばらく夏道を歩くと、再び雪渓歩きになった。 
   
      6時20分:御田と標識が上がり、ミズバショウが咲く湿原で一休み。
      ここから本格的な雪渓歩きになるのでアイゼンを装着。やはりこの方が歩きやすい。 
   
          山頂を見ながら登っていくので、登っている実感が踏み出す足に力を与えてくれる。 
 
      8時:雪渓が終わり、花畑が広がる道になった。
      急登なのでピッチが上がらないが、花を愛でながら登れるので苦にはならない。 
 
      8時40分:七高山山頂に到着。ガスに包まれ、風が強い。最高峰の新山はガスで全く見えない。
      9時20分:安全のため新山へ行くのを断念して来た道を下山。  
   
      七高山山頂付近は花盛りだった。
      ミヤマキンバイとイワベンケイが一帯に広がっていたが、この山の固有種のチョウカイフスマも見ることが出来た。 
 ヨツバシオガマ   イワベンケイ  イワカガミ   ツガザクラ
       
  イワキキョウ    ウイワウメ  ミヤマキンバイ    チョウカイフスマ 
       
       下山しているとガスが広がってきて,、時折雨も降ってきた。
      MKさんは迷わず雪渓を進んでいき、向こう側の夏道にぴったりと到着した。
      ちゃんとGPSを持っていて難なく方向を確保していたのだ。
      GPSを持たない初めての者ではこのコースは来れないことを実感した。
   
      ガスが晴れたのでお互いを記念撮影。 
   
       夏道もまだまだ雪渓に埋まっていて、8月下旬にならないと雪は無くならないらしい。 
   
      12時10分:祓川登山口に下山。 
   
      MKさんのお陰で、半分以上雪渓を歩いて登るルートで鳥海山に登ることが出来た。
      お花畑ではチョウカイフスマや知らない花の名前を教えてもらい、単独行では味わえない贅沢な鳥海山登山を
      満喫することが出来た。 
   
 2010/7/4西吾妻山   2010/7/5蔵王山   2010/7/6月山   2010/7/9朝日岳   2010/7/10飯豊山
   
   東北の山へ