燧ヶ岳2356m

      福島県檜枝岐村     ROUTE 

      東北自動車道西那須野塩原インターから国道400号ー352号を走り、檜枝岐村へ入って尾瀬御池駐車場へ。
                                               (檜枝岐村から約12km、30分)

      2012/6/28 晴れ     MAP

      コースタイム 登り 沼山峠休憩所-(70分)-長英新道登山口-(150分)-ミノブチ岳-(30分)-俎ー
                   -(20分)-柴安ー                                   合計 4時間30分
               下り 柴安ー-(20分)-俎ー-(25分)-ミノブチ岳-(105分)-長英新道登山口
                   -(70分)-沼山峠休憩所                               合計 3時間40分                                                                     

      3日連続登っているので、今日辺りに休養日を入れたいところだが、天気予報では明日崩れるとのことなので、
      今日燧ヶ岳に登ってしまうことにした。

      当初計画では御池登山口から登って長英新道に降りることを考えていたが、御池ルートは急坂があり、残雪の状
      況もわからないので、疲労も溜まってきたことから、無難な長英新道を往復することにした。

      ミニ尾瀬公園駐車場から20分で、尾瀬御池駐車場に到着。駐車料は一日1,000円。
      5時30分のシャトルバスに乗って沼山峠休憩所へ。バス代は500円。乗客は3人だけだった。  
   
      20分で沼山峠休憩所に到着。 
   
      6時:出発。30分ほどシラビソ林の道を歩いていく。  
   
      大江湿原を30分ほど歩く。
      写真では分からないが、結構花が咲いていて退屈せずに歩ける。
      「大江湿原」の標識を右折すれば登山口に行けるのだが、標識には登山口のことに触れていないので、真っ直ぐ
      に進んでビジターセンターや長蔵小屋のところまで行ってしまい、引き返してきた。 
   
      7時10分:登山口に到着。標高は1668m。2時間近くオオシラビソ林の緩やかな道を歩いていく。  
 
       2時間ほど歩いてからようやく上り道になるが、40分ほどでミノブチ岳に到着する。 
   
      ミノブチ岳の南側に眺望が開け、尾瀬沼やその向こうに日光白根山や男体山も見える。  
 
      サンカヨウが群生する平坦な道を歩いていく。雪渓も残っている。  
   
      俎ー(まないたぐら)に向かって歩いていく。  
 
      柴安ーも見える。最後はガレ道になる。 
 
      10時10分:俎ーに到着。 
   
      西から北側にかけて、上越の山々が見える。山頂には他に誰もいないので、独り占め状態で眺望を楽しめる。 
 
      最高峰の柴安ーに向かう。 
   
      11時:柴安ー山頂に到着。セルフタイマーで証拠写真を写してから、俎ーを見返す。 
   
      暫く眺望を楽しむ。 
 
      次に登る予定の平ヶ岳の長大な尾根が印象的て、あそこを歩くのかと思うとゾクゾクしてきた。
 
      11時40分:いつまでもゆっくりしている訳にはいかないので下山開始。
      同じ道を歩いて、15時30分、沼山峠休憩所に帰着した。 

      花は余り咲いておらず、ミノブチ岳周辺に群生するサンカヨウとキヌガサソウが印象的だった。
 
ミツバオウレン

サンカヨウ 
 
キヌガサソウ
 
ミヤマキンバイ
      大江湿原には結構花が咲いていた。他にも咲いていたが名前のわかるものだけを掲載。
      ミズバショウは、登山口の向こうにある浅湖湿原に咲いていた。 

ワタスゲ 
 
ハクサンチドリ
 
コイワカガミ

シナノキンバイ 
 
オオタチツボスミレ

ミツガシワ 

タテヤマリンドウ 
 
ミズバショウ
      16時のシャトルバスで御池駐車場に戻り、檜枝岐村の燧の湯で汗を流した。ここもいい温泉だった。
      夜は昨日と同じミニ尾瀬公園駐車場で車中泊した。 
   
   
2012/6/25(巻機山)    2012/6/26(越後駒ヶ岳)    2012/6/27(会津駒ケ岳)   2012/6/30(平ヶ岳)  
   
  関東・甲信越の山へ