明神山668m

    姫路市夢前町     ROUTE

    中国自動車道福崎インターから県道23号線を山崎方向に進み、農業公園夢やかた駐車場へ。

    2012/11/21 曇り    MAP 

    コースタイム 登り 駐車場‐(70分)‐三角点山‐(70分)‐五郎山‐(20分)‐山頂
                                         合計 2時間40分
             下り 山頂‐(50分)‐AU分岐‐(40分)‐駐車場     合計 1時間30分

    IM君と紅葉の明神山に、約5.5kmの大明神コースから登って、約3kmのAUコースから降りる、周回コース
   で登ってきた。

    8時50分:標高140m地点の夢やかた駐車場を出発。舗装路を少し引き返して神元神社へ向かう。 
   
    神社横を過ぎると、右手に登山口の標識。 
   
    「剣客・ベテラン向け(6km・3時間超)」の標識の横には狩猟期間の注意書きがあったが、尾根にいれば
    大丈夫と聞いているので、それを信じて登っていく。 
 
    いきなり急登の道になるが、10分ほどで鉄塔に到着し尾根道になる。  
   
    目の前には明神山山頂が、富士山のように形のいい裾を広げている。 
 
     2つ目の鉄塔を過ぎると落葉樹林の快適な尾根道になる。  
   
     9時50分:展望岩。右手には三角錐の山が見える。七種薬師か? 
   
    そして、左手には明神山山頂が少し近づいてきた。
    形の良い山肌が鮮やかに色づいていてなかなかの眺めである。 
 
    10時:三角点山を通過。快適な尾根道が続く。  
   
    少し歩くと大きな岩が現れる。標識がないのでよく分からないが、鉄砲岩か? 
   
    10時15分:たぬき岩と思われる見晴らしのいい岩場に到着。
    振り返ると、歩いて来た尾根の紅葉が日に輝いている。去りがたい思いでしばらく休憩。  
   
    岩に座リ込み、陽の光に輝く山頂をしばらく眺める。  
 
    10時30分:大岩を巻いていく。急坂だがしっかりとロープを付けてくれているので楽に歩ける。  
   
    アップダウンを繰り返しながら次第に高度を上げていき、山頂も近付いてくる。  
 
    11い時10分:標高550mの五郎山を通過。  
   
    急登になり、登り詰めると小明神山。  
   
    小明神山を過ぎると岩場のヤセ尾根になり、いよいよ山頂の雰囲気が出てくる。  
   
    11時30分:明神山山頂に到着。 
   
    山頂は360度の展望があり、東側には七種山やその奥には笠形山から千ヶ峰への山並みが見渡せた。  
 
    南東側遠くには、毎日登山している高御位山系も見えている。 
 
    1時間ほど休憩し、12時30分、下山開始。急坂を下ると馬谷コースとの分岐。 
   
    12時50分、Bコースとの分岐。13時、夢展望岩。  
   
    13時10分、西の丸。13時15分、AUコースへの分岐に到着。 
   
    振り返ると、降ってきた尾根と山頂が一望できた。  
 
    AUコースに入ると、すぐに急坂の滑り坂。 
   
    そして、ラクダのコブが連なったような三ツ岩。 
   
    鉄塔まで降りてくると登山口は近い。 
   
    登山口近くに落葉樹林林を守るために手入れをしている旨の標識があった。14時:駐車場に下山。 
   
    大明神コースは、常に山頂を見ながら歩いていけるのが良かった。

    落葉樹林のこの山は、紅葉の季節が一番いいのかもしれない。 
   
 2010/12/18(C-A)   2014/1/24(西尾根周回)  2014/2/1(T字尾根-Vキレット)
   
  播磨の山へ