沖ノ山1318m

      岡山県英田郡西粟倉村    ROUTE
      (山頂は鳥取県八頭郡智頭町)
      中国自動車道作用ジャンクションから鳥取自動車道(無料)に入り、岡山県西粟倉村で国道373号を少し北上して、
      大茅スキー場を目指す。(スキー場から奥が除雪されていない場合はここに駐車するのが無難)             

     2014/2/26 曇り    MAP

     コースタイム 登り 駐車地点-(15分)-取り付き点-(60分)-転換点-(85分)-山頂          合計 2時間40分
              下り 山頂-(60分)-転換点-(50分)-駐車地点                      合計 1時間50分

     yamayaさんが率いるヒマヤナ隊のメンバー他9人で行く。

     岡山県西粟倉村の大茅スキー場の奥も除雪されていて、峰越峠への分岐辺りまで車で入ることが出来た。

     10時50分:出発。標高は約750m地点。  
   
     15分ほど歩いて、若杉原生林駐車場手前の尾根から取り付く。       
   
     アップ・ダウンしながら1140mピークを越え、もう一度登り返し、12時5分、智頭・西粟倉・若桜町境界点に到着。  
   
     振り返ると、駒ノ尾山から後山への山並みが大きく横たわっていた。  
  
     12時15分:少し下って風のないところで昼食休憩し、12時40分、出発。快適な尾根歩きになる。  
   
     少し歩くと、前方に沖ノ山山頂が見え始め、その左手奥には那岐山も見えている。  
  
     風雪に耐えたブナ林の広い尾根を気持よく歩いて行くと、13時30分、林道完成記念碑前に到着。  
   
     山頂に向かって詰めていく。  
   
     高度が上がったところで振り返ると、北東方向に氷ノ山や東山が綺麗に見渡せる。  
  
     その右手、東方向には三室山。  
  
     最後の坂を登りきり、13時55分、山頂に到着した。  
   
     北西側、木々の間からは大山も見えた。  
  
     14時10分:前方に広がる大パノラマを見ながら 下山開始。 
  
     来た道を引き返し、16時に駐車地点に帰着した。

     高砂を出発した時は、PM2.5で霞んでいたが、こちらは穏やかな曇り空の中、視界もクッキリとして中国山地の
     大展望を満喫することが出来た。       
   
 2013/3/16 
   
  中国の山へ