光岳2591m-聖岳3013m[3日目]

     2014/7/25-27 晴れ   MAP 

     コースタイム  7/27 聖平小屋-(30分)-薊畑-(40分)-小聖岳-(60分)-聖岳山頂-(50分)-小聖岳
       (周回)       -(40分)-薊畑-(200分)-西沢渡-(60分)-便ヶ島-(30分)-易老渡        合計 8時間30分

     27日朝、聖平小屋の夜明けはよく晴れて、ご来光も期待できた。しかし、5時前になって急にガスが湧き始め、アッと
     いう間に視界は閉ざされてしまった。
     それでも、5時過ぎになるとガスの向こうから朧な光が放たれ、辺りを照らしてくれた。  
   
     5時20分:聖平小屋を出発。                      5時45分:薊畑を通過。  
   
     マルバダケブキのお花畑の間を登っていると、ガスが晴れてきて聖岳が姿を現わした。  
   
     ダケカンバの林を抜けると森林限界になり、強風に耐えながらガレ道を登っていく。  
   
     6時30分:小聖岳に到着。富士山も顔を見せてくれた。  
   
     前方には聖岳のドッシリとした勇姿がある。  
  
     サブザックに水と雨具だけを入れて出発。  
   
     しばらく切り立った痩せ尾根が続き、強風にバランスを崩さないよう慎重に歩を進める。  
   
     20分ほどでガレた急坂になり、山頂までつづく。  
   
     7時30分:聖岳山頂に到着。       
   
     すぐ北側には赤石岳が大きく迫っている。  
  
     東側には富士山。  
  
     南側の光岳から上河内岳までの稜線も見たかったが、残念ながら雲に阻まれて見ることが出来なかった。
     8時:風が強くて長居できないので下山開始。
     9時40分:標高約2400mの薊畑まで降り、分岐を「西沢渡」の標識の方へ進むと、直ぐにシラビソの樹林帯になった。
   
     シラビソ林の道を下っていく。赤石山系の名のとおり、赤い石が多いのが目につく。  
   
     標高2000m辺りは、「苔平」の名のとおり苔生していた。       
   
     標高1800mまで下ってから適当場所で昼食休憩し、少し歩き始めると突然の豪雨になったが、30分で止んでくれた。  
   
     13時20分:営林署小屋跡を通過して西沢渡に到着すると、沢は先ほどの雨で増水していて、名物のゴンドラに乗って
     の渡渉となった。  
 
     西沢渡からは森林鉄道跡の道を歩いて、14時20分、便ヶ島に下山。いつもながら、平坦地の歩きが一番疲れる。
     便ヶ島は森林公園として整備され、広い駐車場や山小屋もあった。  
   
     便ヶ島から林道を30分歩いて、14時50分、駐車地点の易老渡に帰着した。  
   
     花は薊畑周辺によく咲いていた。  
 
イワオトギリ
 
ミネウスユキソウ
 
マルバダケブキ

ハクサンシャクナゲ 
       
 
ハクサンチドリ
 
オヤマノエンドウ
 
タカネツメクサ
 
ヨツバシオガマ
       

シナノキンバイ
 
タカネグンナイフウロ
 
ミヤマキンポウゲ
 
ゴゼンタチバナ
     難所や危険箇所は殆ど無かったが、3日間とも10時間前後行動するとさすがに疲れる。
     しかし、光小屋からの素晴らしいご来光と、晴れ渡った縦走路から見る富士山や小聖岳から見上げる聖岳の勇姿は
     忘れがたいものになるだろう。 
   
   1日目(7/25) ー  2日目(7/26)ー 3日目(7/27)
   
  中央・南アルプスへ