日笠山51m-一本松山136m

     高砂市曽根町    ROUTE

     国道250号曽根信号を西進し、天川を渡って川沿いの道を右折し、直ぐ左折して坂道を登っていく。
     舗装路を最奥部まで進むと10台ほど駐車できる山頂広場があるのでここに駐車する。      

     2015/11/7 曇り  MAP     

     コースタイム(周回) 駐車地点-(15分)-夫婦岩-(15分)-馬坂峠-(40分)-亀岩-(10分)-一本松山
                  -(40分)-馬坂峠-(30分)-駐車地点                         合計 2時間30分

     13時40分:山頂広場奥の登山道に入る。     
   
     10分余で北山に到着。  
   
     ここの野路菊は下から見上げるのがいい。  
  
     夫婦岩からの眺望。  
   
     大北山は山頂からの眺望はなく、起上り古木を過ぎると馬坂峠になる。  
   
     14時5分:馬坂峠。                            14時10分:送電鉄塔。  
   
     14時15分:大塩城跡。  
   
     14時20分:見晴らしのいい休憩ポイント。  
   
     14時30分:清勝寺坂。ここから一本松山への登りになる。 
   
     急坂を登り切る。この辺りには判り易い標識が随所に立てられている。  
   
     右側に展望が開け、高御位山系の峰々が見渡せる。  
  
     15時:展望地の亀岩。  
   
     一本松山山頂方向に引き返す。  
   
     15時:山頂に到着すると山頂標識が掲げられ、その前には四等三角点「北脇」の標石。  
   
     同じ道を引き返し、15時40分、馬坂峠まで戻る。  
   
     馬坂峠を大塩町側に下り、のじぎくの里公園へ。  
   
     街の中を通り、日笠山に登り返す。途中に延命地蔵にお参り。  
   
     16時:山麓ののじぎく園へ。  
   
     園内を散策。  
   
  
     16時10分:日笠山山頂広場に戻り、四等三角点「日笠山」前を通って帰路につく。  
   
     野路菊は少し蕾があったが、満開間近でよく咲いていた。
     初めて一本松山まで足を伸ばしたが、7km以上の行程で、歩行時間は2時間半だった。 
   
 2007/11/24   2016/5/5
   
  播磨の山へ