高御位山304m‐桶居山247m   

      高砂市阿弥陀町    ROUTE

      高砂市阿弥陀町阿弥陀新池駐車場から長尾登山口へ。  

      2009/4/30 晴れ    MAP

      コースタイム  登り  長尾登山口‐(30分)‐高御位山頂‐(30分)‐桶居山分岐
                    ‐(1時間10分)‐桶居山山頂                          合計 2時間10分
                下り  桶居山山頂‐(1時間)‐桶居山分岐‐(1時間)‐新池駐車場       合計 2時間 

      今日は久しぶりに高御位山から桶居山へ縦走してきた。

      高御位山系の魅力の一つに、その西の端に綺麗な三角錐の桶居山(おけすけやま)があることだと思う。
      鷹ノ巣山の少し東の分岐を一歩北へ足を踏み入れると、それまで見えていた町並みや瀬戸内海の景色が
      消えて四方が山に囲まれた空間になるのがいい。
 
      朝9時10:阿弥陀新池駐車場を出発し、まず高御位山頂上へ向かう。  
   
      いつもどおり約25分で山頂へ到着。
      10分ほど休憩して、桶居山へ向かう。向こうの方に顔を見せている三角錐の山をめざして進んでいく。 
   
      縦走路を歩いていき、鷹ノ巣山への坂を登りきる。 
   
      10時15分:桶居山への分岐に到着。 高御位山を振り返ってから、奥へ入っていく。 
   
      正面にあるはずだが姿を隠してしまった桶居山に向かって、小鳥の声だけを聞きながら、
      日陰のない尾根道をひたすら歩いていく。  
 
      時折クレーの射撃音が静寂を破ってくれるのが耳障りだ。 
   
      10時40分:一度標高約150mの谷筋に下り、また登っていく。
       咲き乱れていたミツバツツジは葉になっていて、時々モチツツジの花が現れる。 
   
      11時5分:ようやく桶居山が姿を現した。 
 
      11時15分:桶居山の麓に到着。高低差約50mの急坂を一気に登っていく。 
   
      11時25分:桶居山山頂に到着。 
   
      東の方遠くに高御位山。西に姫路市街が見えるが姫路城は霞んで確認できなかった。 
   
      しばらく静かな山頂ですごし、来た道を引き返した。 
   
  2010/3/12   2010/3/17   2010/3/30  2010/11/14  2013/3/23  2013/12/23
   
   播磨の山へ