北横岳2472m-縞枯山2403m

     長野県茅野市北山   ROUTE

     中央自動車道諏訪インターから国道152号、県道192号を走り、北八ヶ岳ロープウエイ山麓駅駐車場へ。      

     2018/10/8 晴れ  MAP     

     コースタイム(周回) 山頂駅-(60分)-北横岳南峰-(5分)-北峰-(30分)-七ツ池-(30分)-坪庭
                  -(70分)-縞枯山-(10分)-展望台-(40分)-五辻-(45分)-山頂駅        合計 4時間50分

     7日朝7時に高砂を出発して、11時間で塩尻市の道の駅小坂田に到着し、ここで車中泊。
     8日朝は、6時に道の駅を出発し、 7時過ぎに北八ヶ岳ロープウエイ山麓駅駐車場に到着。 
 
     8時のロープウエイ始発便で、眼下に黄葉を見ながら山頂駅へ。  
   
     まず、北横岳へ向かう。途中に広がる溶岩台地の坪庭が、赤く色づいていい雰囲気だった。  
   
     歩くこと15分で登山道に入る。  
   
     約30分歩いていくと北横岳フュッテ。  
   
     さらに10分で北横岳南峰。  
   
     9時10分:北横岳南峰2472m。360度開けているが雲で眺望がない。5分で北峰へ。こちらも同様だった。
   
     同じ道を引き返し、北横岳フュッテ前の枝道を少し入って七ツ池に立ち寄る。  
   
     そして、坪庭まで引き返し、今降りてきた北横岳の山並みを振り返る。  
  
     つづいて、対峙する縞枯山に向かう。  
  
     笹原にある縞枯山荘。                          縞枯山への分岐。
   
     八ヶ岳らしいシラビソ林の道になる。                 11時30分:眺望のない縞枯山山頂2403m。  
   
     眺望のある展望台に向かう。                     11時40分:展望台。  
   
     展望岩に上がると目の前の茶臼山は見えるが、その左手に聳えているはずの天狗岳は雲の中だった。  
  
     12時30分:茶臼山方向に下る。                     途中、縞枯帯が何度も現れる。
   
     ほぼ常緑のシラビソ林が続くので、時折現れるナナカマドやカエデなどの紅葉の鮮やかさがが際立つ。  
   
     13時10分:五辻。                            苔生すシラビソの森。  
   
     13時50分:ロープウエイ山頂駅に帰着。               14時発のロープウエイに乗る。  
    
     ロープウエイ下の黄葉は、日差しに輝いていた。  
  
     駐車場に戻ると、山頂では雲に隠れていた南八ヶ岳の山並みが姿を見せていた。  
  
     ロープウエイ山頂駅は標高2337mなので、山頂とは高低差200m。
     気軽に歩けるルートなので子供連れのハイカーや、坪庭だけの散策者も多く、ファミリー向けの良い所だった。      
   
2008/9/9〜9/10赤岳    2018/8/20中山  2018/8/21天狗岳  2018/8/22硫黄岳  2018/10/9-10/10赤岳
   
   関東・甲信越の山