赤谷山1216m

     宍粟市波賀町戸倉    ROUTE

     国道29号線を北上し、新戸倉トンネル手前のチェーン脱着場に駐車。                  

     2014/12/15  曇り   MAP     

     コースタイム 登り 駐車場‐(80分)‐登山口‐(80分)‐1143mピーク‐(50分)‐山頂        合計 3時間30分
              下り 山頂‐(20分)‐1143mピーク‐(道間違い30分含め120分)‐駐車場       合計 2時間20分   

     何時になく早い寒波襲来で但馬地方からは雪の便りが届いているので、IM君、F君と3人で赤谷山に出かけた。
     9時過ぎに戸倉トンネル南のチェーン脱着場に到着。
     9時50分:小雪が舞う中を出発。  
   
     林道を登り始めると、既に30センチ以上の積雪のため、途中でスノーシューを装着。
     トレースのない新雪のため足取りは重い。  
   
     11時10分:登山口に到着し、急坂を登り始めるが、フワフワ雪に足を取られてはかどらない。。  
   
     尾根に上がるとしばらくは、薄い雪や動物のトレースに助けられて快適に進む。  
   
     しかし、途中から深雪になり、12時30分、漸く1143mピークに到着。  
   
     ブナの大木が林立するこの辺りは樹氷の世界だった。  
    
     崩れやすい新雪は下りでも気をを抜けない。  
   
     ガスが纏わりつきはじめると幻想的な雰囲気になる。  
  
     雪が深くなっていく。 
   
     そして、樹氷は華やかになっていく。   
   
     頂上手前がとりわけ見事。  
  
     13時20分:誰もいない山頂に到着し、視界は閉ざされているが、風がないのでここでランチタイム。 
   
     14時5分、下山を開始し、登ってきたトレースを辿って行くと20分で1143mピークに到着。
     ここからショートカットルートに入るが、ルートを間違えてヤブ漕ぎの苦闘が始まる。
     30分後漸く下山ルートの尾根に乗る。  
   
     尾根に乗っても暫くは深雪で慎重な下山を強いられる。  
   
     標高約1000mの宍粟杉辺りまで下山すると積雪が少なくなり、一息入れる。  
   
     スノーシューを外して、枝につかまりながら最後の激下り。  
   
     16時25分:駐車地点に帰着。  
   
     トレースのない新雪でかなり梃子摺ったが、今シーズン最初の雪山を堪能した一日だった。  
   
  2009/12/1  2010/5/9  2010/1/11  2013/1/6  2015/2/25  2016/2/10  2017/1/7  2018/2/3  2019/2/9
   
  播磨の山へ