赤谷山1216m

   宍粟市波賀町戸倉     ROUTE

   国道29号線を北上し、新戸倉トンネル手前のチェーン脱着場に駐車。                  

   2017/1/7  晴れ    MAP     

   コースタイム  登り 駐車地点-(50分)-登山口-(60分)-PK11143m-(300分)-山頂 
                                       合計 2時間20分
            下り 山頂-(20分)-PK1143mー(60分)−駐車地点  合計 1時間20分    

   IHさん、FM君、UK君、FT君と5人で、今シーズン最初の雪山ハイキングに出かけた。
   雪は、昨年末に少し降っただけなので、ほとんど雪は残っていないのでは、と思いながら新戸倉峠手前まで
   車を走らせたが、予想以上に雪がありひと安心。
   9時40分:路面がツルツルに凍結しているので、アイゼンを装着して出発。  
   
   路肩だけ残雪がある舗装路を登っていく と、旧戸倉トンネル付近からは雪道になった。 
   
   凍結した路面をアイゼンでザクザク踏みしめながら歩いていき、10時30分、登山口標柱のところに到着。  
   
   まだら模様に雪がついた急斜面を登っていく。  
   
   尾根に上がると土の方が多い。  
   
   高度を上げて、11時30分、1143mピークを通過した辺りから漸く雪山の雰囲気が出てきた。  
   
   次第に雪山ハイクの気分が高まっていく。  
   
   山頂近くまで来ると、30センチ以上の雪道になった。  
   
   12時:快晴無風の山頂に到着。  
   
   北側には氷ノ山がはっきりと姿を見せていた。  
  
   山頂をズームアップ。  
   
   氷ノ山の右肩には但馬中央山脈の蘇武岳と妙見山。  
  
   その右手には藤無山。  
 
   その右手には宍粟の山並みがつづく。 
 
   一山付近をクローズアップ。 
   
   南側には、黒尾山から植松山への山並み。 
 
   そして、南西側には兵庫県第2の高峰である三室山1358m。 
 
   その右手には鳥取県のくらます1282m。 
 
   そして、東山1388m。 
 
   13時:1143mピークへ同じ道を引き返し、13時20分、バリエーションルートから下山。  
   
   笹ヤブを突破し、急斜面の尾根を下っていく。  
   
   雪は次第に少なくなり、13時40分、宍粟杉の辺りからはほとんど雪はなくなったので、アイゼンを外して下山。  
   
   下部は植樹林の尾根になる。  
   
   最後は、木に捉まりながら激下り。  
   
   国有林の看板のところに降り立ち、14時20分、駐車地点に帰着した。  
   
   久しぶりに360度の大パノラマを堪能した、今シーズン最初の雪山ハイクだった。  
   
  2009/12/1  2010/1/11  2010/5/9  2013/1/6  2014/12/15  2015/2/25  2016/2/10  2018/2/3  2019/2/9
   
  播磨の山へ