笠形山939m

      神河町神崎地区   ROUTE

      播但連絡道神崎南インターからグリーンエコー笠形へ。                    

     2015/2/10 曇りのち晴れ  MAP     

     コースタイム 周回 駐車場-(25分)-登山口-(20分)-扁妙の滝-(15分)-三合目北尾根取付き点
                  -(55分)-P812m-(55分)-山頂-(35分)-五合目-(50分)-滝見台-(20分)-登山口
                  -(15分)-駐車場                                      合計 4時間50分

     yamayaさんのヒマ山隊6人で登る。
     9時25分:標高約270mのグリーンエコー笠形駐車場を出発し、まずは扁妙の滝へ向かう。  
   
     10時10分:扁妙の滝に到着すると、滝はほぼ氷結していた。  
       
     今朝の神戸新聞によると、8日夜から凍り始め、今朝が一番氷結しているとのことで、グッドタイミングだった。       
   
     60段の鉄階段を上り、右手のショートカットルートを登って3合目の休憩ベンチへ。標高は約600m。
     10時50分:北尾根を目指して、ベンチ前のヤブ尾根に取付く。  
   
     すぐ現れる痩せた岩場を直登すると、あとは薄いヤブを避けながら登れば問題のない尾根がつづく。  
   
     傾斜が緩むと、しばらくの間岩尾根歩きになる。 樹々が霧氷を纏い、なかなか雰囲気がいい。 
   
     11時45分:812mピークに到着。ここから尾根が広くなる。 途中、12時から30分間、尾根の陽だまりで昼食休憩。 
   
     休憩後、山頂へ向けて標高を上げていくと、再び霧氷の樹林になった。積雪は20センチ位でツボ足では少し滑る。  
   
     山頂手前の展望所からは、千ヶ峰方向が見渡せた。  
   
     展望所からは最後の登り。  
   
     13時10分:山頂に到着。  
   
     出発時には小雪が舞っていたが、途中から日が射し始め、山頂からは北側に千ヶ峰に向かって幾重にも山並みが
     重なっているのが見渡せた。  
  
     13時25分:アイゼンを付けて下山開始。北尾根方向へ少し戻ってから、左手に下っていく。
   
     ショートカットルートを下り、6合目と7合目の中間点で一般道に合流。  
 
     14時:5合目で休憩。ここでアイゼンを外したが、結果的には登山口まで雪が氷結して滑りやすい道がつづいていた。  
   
     雪見台で滝を見下ろすと、気温が上がって氷結した氷の一部が脱落していた。
     15時10分:登山口に降り立ち、15時25分、駐車場に帰着。  
   
     昨日からの最強寒波襲来で、予想以上の氷結した滝が見られラッキーだった。
     3合目からの北尾根取付きは、ルートに変化があってで面白かった。  
   
  2006/2/19(神河) 2008/2/19(神河) 2010/1/16(神河)  2010/10/24(縦走) 2011/12/24(八千代)  2015/1/10(神河)  2015/9/12(神河沢ルート) 2017/2/12(神河北尾根) 2018/9/23(神河沢ルート)  2019/2/12(神河)
   
  播磨の山へ