笠形山939m

     神崎郡神河町根宇野   ROUTE

     播但連絡道神崎南インターからグリーンエコー笠形へ。      

     2015/9/12  晴れ    MAP     

     コースタイム 登り 駐車場-(25分)-砂防ダム-(50分)-唐滝-(70分)-いっぷく滝-(35分)-山頂    合計 3時間
              下り 山頂-(40分)-標柱-(道迷い60分)-標柱-(15分)-登山道合流-(20分)-滝見台
                 -(25分)-駐車場                          合計 2時間40分(道迷い1時間含む)

     8月は暑さに負けて引き篭もっていたが、納涼時期の登ろうと思っていた沢ルートに、IHさん、IM君、FT君、Hさんを
     誘って登ってきた。
     グリーンエコー笠形前を通って、バンガロー手前の駐車場へ。
     9時:駐車場横の植樹林に入り「昭和35年皇太子成婚記念植樹碑」の石柱横を下る。  
   
     5分で沢沿いの林道に降り立ち、この道を奥に歩いて行くと、砂防ダムに行き当たる。  
   
     9時20分:土砂と倒木で埋もれたダムを突破するため、まず左手からの迂回を図るがイバラに阻まれて断念。
     止むなく倒木を乗り越える正面突破を強行。  
   
     沢に入り左手(右岸)から遡上し始めるが、あとは右へ左へ渡渉しながら、歩けるルートを探して上っていく。  
   
     分かりにくいところには赤テープを付けてくれている。  
   
     10時10分:唐滝に到着。想像以上に見事な滝で、一同感激!  
     
 
 
     滝を高巻きするルートは、滝壺の左手(右岸)を20mほど引き返したところにあった。  
   
     滝の上部から見下ろすのもなかなかの迫力である。  
  
     しばらくナメ滝がつづき、何とも気持ちがいい。  
   
     秘境探訪の雰囲気がつづく。  
   
     次第に水量が少なくなり、倒木帯になる。  
   
     11時25分:沢の合流点を左に取ると、小さな滝が現れた。これがいっぷく滝だろう。  
   
     11時35分:一般道に合流。  
   
      12時:山頂に到着。
   
     あまり見晴は良くないが、千ヶ峰が何とか見渡せた。  
  
     12時45分:下山開始。北尾根を下り、5分ほどで「市川町青年団」の標柱がある展望所を通過。  
   
     快適な尾根を下り、13時25分、812mピークにある標柱を通過。  
     GPSにはここから左手に下っていくルートを入れていたが、次の分岐を下ると3合目に合流するので、ルートを入れ
     ていなくても分かるだろうと直進したが、これが間違いだった。
   
     14時25分:結局、分岐が分からず812mピークまで戻り、下山。 
   
     14時40分、4合目と3合目の中間地点の登山道に降り立ち、15時5分、滝見台で扁妙の滝を鑑賞。  
   
     15時20分:登山口に下山。  
   
     沢ルートは、サワ靴なしで沢歩きが楽しめる素晴らしいルートだった。  
   
   2006/2/19(神河) 2008/2/19(神河) 2010/1/16(神河)  2010/10/24(縦走) 2011/12/24(八千代)  2015/1/10(神河)   2015/2/10(神河北尾根) 2017/2/12(神河北尾根) 2018/9/23(神河沢ルート)  2019/2/12(神河)
   
  播磨の山へ