氷ノ山1510m

     養父市大屋町     ROUTE 

     国道9号線の但馬楽座付近から県道6号(養父山崎線)、48号(養父波賀線)を西進し、天滝渓谷を通り過ぎたところ
     から横行林道に入り約13km上っていく。                   

     2019/10/23 曇り    MAP     

     コースタイム(往復) 登り 登山口-(30分)-避難小屋-(25分)-神大フュッテ-(35分)-山頂     合計 1時間30分
                  下り 山頂-(30分分)-神大フュッテ-(20分)-避難小屋-(25分)-登山口    合計 1時間15分

     気軽に氷ノ山の紅葉が楽しめる大段ケ平登山口から、IM君と登る。
     10時45分:ガスが漂うなか、標高1080m地点の登山口を出発。  
   
     登山口付近のブナ林はまだ色付き始めだが、ガスが漂っていて幻想的な雰囲気だ。  
   
     歩を進めるにつれて次第に樹林は色付いていく。  
   
     錦繍のプロムナード。  
  
     何とも気持ちがいい。  
   
     華やか。  
   
     11時15分:大屋町の避難小屋。                    避難小屋前の楓が鮮やか。
   
     避難小屋からは笹原になるが、紅葉した樹林も現われる。    11時40分:神大フュッテ前。
   
     千本杉などの針葉樹の森を通り抜けると。  
   
     眼下に錦繍の山腹が見渡せた。  
  
     山頂避難小屋が見え始める。  
    
     12時15分:1等三角点と避難小屋がリニューアルされた山頂に到着。  
   
     12時45分:同じ道を下山し、途中、笹をかき分けて、絶滅危惧種が保護されている古生沼に立ち寄る。  
   
     気持ちのいい散策道を下っていく。  
  
     14時:登山口に下山。
     なかなか秋が深まらないので紅葉が遅れているのでは、との予想は外れ、気持ちのいい紅葉ハイクを楽しむことが
     できた。  
   
     2003/5/4(福定)  2008/10/12(わかさ)  2009/3/5(わかさ)  2009/5/10(福定) 2010/2/21(わかさ) 
 2011/2/27(わかさ)  2011/3/27(東尾根)  2012/3/14(わかさ)   2012/11/18(大段ケ平)  2013/2/25(わかさ)
2013/9/14(大段ケ平)  2014/4/2(東尾根)   2014/5/31(福定)  2015/2/16(わかさ)  2015/4/8(東尾根) 
 2017/2/18(わかさ)  2018/2/17(わかさ)  2019/2/2(わかさ)  
   
  但馬の山へ