三国平1128m若杉原生林 

     宍粟市千種町    ROUTE         

    中国自動車道山崎インターから県道53号、72号を進み、ちくさ高原スキー場から峰越峠へ。 

     2009/6/1 晴れ    MAP

    コースタイム  峰越峠-(50分)-三国平‐(1時間)‐若杉峠‐(1時間30分)‐
              若杉原生林駐車場 ‐(50分)‐峰越峠    合計 4時間10分 

     若杉原生林へ行きブナ林での森林浴ウオークをしようと思った。
    直接行くのは少し物足りないので調べていると、峰越峠から尾根を歩いて行けることが分かった。
    友人に声をかけると、TTさん、KTさん、IMさんが行けるというので4人で出発した。

     峰越峠近くの路肩に駐車して、朝9時に出発。標高はすでに1000m以上ある。 
     
     東屋の前を過ぎるとすぐに登山口で、少し登るとすぐに尾根になり東側にブナ林が始まる。   
    
     時折巨木も現れ見とれながら歩いて行く。 
     
    
     
    40分ほど歩くと、江浪峠3分・三国平6分の表示が出てきたのでそちらへ行く。
    3分歩くと、江波峠のお地蔵さんと向い側に「宍粟50名山三国平登山口」の標柱が立てられていた。 
    
     標柱を入っていくとすぐに三国平山頂の標識。
    確かに平で、標識がなければどこがピークか分からない。
    展望がないのですぐに引き返す。
    江浪峠を少し南にいけば天児屋川モニュメントがあるようだが割愛して尾根道へ。  
    
    10時:樹林帯が途切れ、伐採地になる。
    東側に展望が開け、くらますとその左に氷ノ山も見える。
    しばらくは明るい伐採地の尾根歩きが続く。 
    
    10時40分:再び樹林帯の尾根になり、10分ほどで若杉峠に到着。 
     
     見晴らしのいい尾根に上がると、東側に氷ノ山、くらます、三室山が驚くほど近くに見える。   
  氷ノ山1510m            くらます1282m             三室山1358m
     しばらく眺望を楽しんでから原生林ウオーキングを開始。 
    
    
     
     12時50分:原生林入口の休憩所に到着。
     休憩してから舗装路を歩いて駐車地点に向かう。  
     
     立派な舗装路を高度差150mほど登っていく。単調な歩きも雑談していると苦にならない。
     13時50分:駐車地点に到着。 
    
   約8kmの周回コースだったが、アップダウンが少ないので、登山というよりもブナ樹林での森林浴
   ウオーキング を満喫できた。 
       
 2009/11/9   2010/2/14   2013/1/27   2015/6/24  2016/1/20  2016/2/9  2017/1/25  
 2017/3/22  2017/12/27  2021/2/12 2022/3/13
    
     播磨の山へ 
    中国・四国の山へ