三国平1128m-天児屋山1245m

     宍粟市千種町西河内   ROUTE

     中国自動車道山崎インターから県道53号、72号を進み、ちくさ高原スキー場へ。駐車場は平日無料(土日祝500円)  

     2019/1/27 曇り    MAP     

     コースタイム(往復) 登り 駐車場-(60分)-登山口-(105分)-三国平-(45分)-雪原        合計 3時間30分
                  下り 雪原-(20分)-三国平-(60分)-登山口-(45分)-駐車場         合計 2時間5分     

     同行者はKT君。
     前夜の豪雪で兎和野高原で40cm積雪したとのことを気象庁HPで確認して出発。
     姫路市安富町辺りから雪道になったが、徐行運転でちくさ高原スキー場に無事到着。  
   
     9時45分:1m以上積雪した県道72号を、スノーシューを装着して出発。
     50cmほどの新雪が積もった道を、少し前に出発していた神戸市からの単独行N嬢とラッセルを交替しながら、
     歩いて行く。スキーの先行者のトレースをなぞっても20〜30cmほど沈むのではかどらない。       
   
     右手に目標の天児屋山が見えたが、たどり着けない予感がする。
     10時45分:コースタイム30分のところを1時間かかって峰越峠の登山口に到着。  
   
     一番の難所である登山口から尾根への高低差50mほどの登りを何とかクリヤー。
     尾根歩きになると、尾根には積雪が少ないところもあるので、県道より歩きやすいのでヤレヤレ。  
   
     ブナの巨木帯を通過。  
   
     12時20分:江浪峠。峠の地蔵さんも登山口標柱も雪に埋もれて見えなかった。  
   
     この辺りから樹林は霧氷を纏い始める。              12時30分:三国平に到着。  
   
     13時15分:昼食後、このまま下山するのは名残惜しいので、カラマツのある雪原まで行くことにして出発。 
     ガラス細工のような樹氷に見とれながら歩いていく。 
   
     幹まで真っ白な樹林の中は、別世界に迷い込んだよう。  
  
     一瞬、日が射した輝きが何とも神々しい。  
  
     樹林を抜けると右手が開ける。  
   
     日差しを浴びた後山連山。 
  
     14時:今日の目標の雪原に到着。眼の前に絵画のような世界が広がる。  
   
     振り向くと沖の山が向こうに浮かび、到着を待っていてくれたかのような陽射しが、雪原を輝かせてくれる。 
  
     他に誰もいない、何とも贅沢な空間。  
  
     夢の中のような世界。            
  
     東山1388m。                               くらます1282m。
   
     しばし異空間にひたり、14時20分、下山。
     下山は登ってきたトレースを辿れるので早い。
     14時40分:三国平。15時40分:登山口。16時25分:駐車場に到着。
     天児屋山山頂まで行けなかったのは残念だが、今シーズンはじめての樹氷の世界を堪能することができた。    
   
 2009/6/1 2009/11/9  2010/2/14   2013/1/27   2015/1/21  2015/6/24  
2016/1/20   2016/2/9  2017/1/25  2017/12/27
   
  播磨の山へ