三国平1128m

   宍粟市千種町西河内  ROUTE

   中国自動車道山崎インターから県道53号、72号線を通り、ちくさ高原スキー場へ。
             (スキーシーズン中の土日祝は駐車料500円、それ以外は無料で止められる)   

   2015/1/20 曇り      MAP     

   コースタイム 登り 駐車場-(35分)-登山口-(75分)-三国平山頂  合計 1時間50分
           下り 三国平山頂-(50分)-登山口-(20分)-駐車場   合計 1時間10分

   yamayaさんのヒマ山隊5人で登る。
   当初は、13人で天児屋山に登る予定だったが、当日朝の降雪で集合場所に到着できなかったメンバーが
   続出し、到着できたメンバーだけで加古川を出発。 しかし、積雪による道路渋滞で、ちくさ高原スキー場に
   到着できたのが予定より1時間以上遅れてしまったので、目標を三国平に変更。
   スキー場付近の積雪は20センチ以上あったが、15m以上の強風のためリフトを動かせず、スキー場は休業
   していた。
   11時45分:駐車場を出発。 
   
   12時20分:登山口手前の昨シーズン倒壊した東屋に到着し、ここで昼食休憩。
   12時55分:出発。  
   
   最初の急坂を登りつめると、あとは左手が植樹林で右手が自然林の平坦な尾根歩きがつづく。  
   
   12時30分:杉の関所を通過すると巨木が多いブナの森になる。  
     
   今年も会いに来れたことが嬉しくなる。 
 
   おそらく今シーズン初めての積雪のため、まだ埋まりきっていない笹の間をショートカットしながら右折。    
   
   14時:江浪峠に到着すると、昨年は雪に埋もれていた地蔵さんが、今年はお出迎えしてくれた。  
   
   向かい側にある登山口標柱も見えていた。そして、少し登ったところの枯れ木が、雪化粧でカワウソ?になっていた。  
   
   針葉樹林の縁を歩いて行き、前方が開けると山頂が近い。  
   
   14時10分:三国平に到着。  
   
   同じ道を引き返し、スキー場近くまで戻ると後山連山が綺麗に見渡せた。  
  
   15時35分:従業員も帰ったようで、誰もいなくなったスキー場に帰着した。 
 
   到着した時は吹き荒れていた風も途中から収まり、時折日差しも射す中、快適なスノーハイクを楽しむことが出来た。  
   
  2009/6/1  2010/2/14   2013/1/27   2015/1/21  2015/6/24  2016/2/9 
 2017/1/25  2017/3/22  2017/12/27  2019/1/27  2021/2/12
   
  播磨の山へ